@okj_webmagazine face book twitter
close
open

OK!J ニュース
OK!J ニュース

前の記事
次の記事

“ミニマルで抑制の効いたラグジュアリー”をまとう
新型ロールス・ロイス ゴースト、今秋、誕生!

news 2020.08.17

rolls1_1.jpg



新型ロールス・ロイス ゴーストの今秋のローンチを前に、ロールス・ロイス・モーター・カーズのトルステン・ミュラー・エトヴェシュCEOからメッセージが届きました。時代を反映した興味深いコメントに目がとまりました。

『次の10年間にわたってゴーストの顧客の心に響く製品を創り出すために、私たちは顧客が何を求め、何を欲しているのか、その声にじっくりと耳を傾ける必要がありました。その結果わかったことは、顧客はゴーストの多様性とキャラクターの幅広さに大きな魅力を感じている、ということでした。ゴーストは、オーナーが自らステアリングを握ってドライビングを楽しめる車であると同時に、必要に応じてショーファードリブンカーとしての役目を果たすことも求められています。また顧客は、その無駄をそぎ落したシンプルさにも魅力を感じ、ゴーストを称して「ロールス・ロイスを所有するための、少し小柄で控えめな手段」と形容しています。

さらに、これまで以上にミニマリズムを追求したデザインを強く望む声も聞かれました。この要望は、ウェスト・サセックス州グッドウッドのロールス・ロイス本社におけるラグジュアリー・インテリジェンス部門やデザイナーたちの研究結果とも共鳴するものでした。ここ数年、ゴーストの顧客を含む特定の富裕層顧客の動向を調査研究してきた私たちは、この動向を「ポスト・オピュレンス」(脱贅沢)と名付けました。私たちは、こうした顧客がミニマルで抑制の効いたラグジュアリーを好む傾向にあることに気づきました。彼らは無駄な装飾を否定し、デザインの純粋性を追求しています。このミニマリズムに加えて、ゴーストの顧客は革新的かつエフォートレスなテクノロジーと、現実的で確かなエンジニアリングも求めています。』



rolls2_0.jpg


〇新型ゴーストの開発テーマを紹介する“四部作のアニメーションフィルム”を日本語字幕付きで公開中
ロールス・ロイス・モーター・カーズ日本公式インスタグラム
https://www.instagram.com/rollsroycecarsjapan/
CATEGORYから記事を読む