@okj_webmagazine face book twitter
close
open

OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! インタビュー☆クロエ・カーダシアン:“トゥルーを誇りに思っているわ”
2歳の愛娘トゥルーとのトイレトレーニングなど娘と過ごす大切な時間について語るクロエ。

limited 2020.08.11

OKJ.Khloe Kardashian.1.1.jpg
2歳の愛娘トゥルーとのトイレトレーニングなど娘と過ごす大切な時間について語るクロエ・カーダシアン。


いつもは仕事と育児の両立に奮闘しているが、ここ数ヶ月の間は娘のトゥルー(True)と過ごす時間が多くなったと語るクロエ・カーダシアン(Khloe Kardashian)!

リアリティショー『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』(原題:Kardashians Keeping Up with the Kardashians)で知られるクロエは、娘と一緒に過ごす時間について「2歳という大切な年頃を迎える娘と自宅で一緒に時間を過ごせるのは、本当に素晴らしいことだと思っているわ。」とコメントしている。

元ボーイフレンド、トリスタン・トンプソン(Tristan Thompson)との間に生まれたトゥルーとの生活について、クロエはさらに愛娘のトイレトレーニングや、子育てにまつわる悲喜こもごもをインスタグラムのライブ配信を通して次のように語っている。
「私はまさに子供のトイレトレーニングのエキスパートなの! 実は、いつもトゥルーには自分でトイレトレーニングをしたいと思っていたのだけれど、それは時間的にもなかなか難しい話! でも、今は皆が自宅で自粛生活を送らなければならない状況なので、子供と一緒に過ごす時間が増えて、常日頃から挑戦したいと思っていた難題に取り組みやすくなったわ。

もちろん、いつも甥や姪に囲まれて生活していているので、既に小さな子供との接し方は十分に心得ているとはいえ、「今は自分が母親として学ぶことが多く、ここまで成長したトゥルーの姿を眺めていると、自分でも感無量であると共にとても誇りに思っているわ。」と語り、さらに次のような喜びのメッセージを配信している。
「トイレトレーニングを含め、この私がこうしてライブ配信で子育てについて話をするなんて全く考えもつかなかったわ。でも、親になったら誰でも同じことだと思うけれど、今は娘のためなら、何のためらいなく何でもすると思うわ。」

そして、トリスタン(29歳)もクロエに対する熱い思いを次のように述べている。
「クロエ、君は僕の人生に突然現れた素晴らしい女性! 君に巡り合えて、数多くのことを学び、人間として、そして男として成長することができたと思っているよ。誰からも愛されて美しく、素晴らしい女性を母親に持つ僕たちの娘トゥルーは、最高に幸せだと思う。ココ(Koko:クロエの愛称)これから先も君の末永い幸せを心から祈っているよ!」

そこで、今回のOK! インタビューはトゥルーのトイレトレーニングを含めて、クロエの子育てにまつわる逸話をいくつか紹介することにする。

OKJ.Khloe Kardashian.1.2.jpg


━━ハーイ、クロエ、今回の自粛生活について、どのようにお考えですか?

多分、皆同じように大変だと感じているとは思うけれど、でもやはり“安全第一” だと思うし、今は仕方がないことよね。それに私にとっては娘にトイレトレーニングを与える時間ができて、とても感謝しているわ。

トイレトレーニングは何時から始めなければならないと決められたものではないし、人それぞれ生活の状況に合わせてベストなタイミングがあると思っているの。でも、私の場合は、自分の時間がたっぷり取れるこの自粛期間中にトイレトレーニングを始めることができて、本当にラッキーだったと思っているのよ。


━━どのようにして、トレーニングをしたのでしょうか?

最初は昼間だけに限ってトレーニングを始めたの。夜のトレーニングも必要なことは分かっているけれど、彼女はまだ2歳なので、夜通し“尿意”を我慢することができないしね。もちろん、まだ小さな子供だから、間違えて“おもらし”してしまうこともあるけれど、大切なことはその時の親の対応だ思うわ。
つまり、誰でも間違いをおかすのは当たり前のことで、トイレトレーニングに関する法則なんてどこにもないし、人それぞれのやり方でやれば良いと思うの。
小さな子供たちが率先してトイレに行きたいと思うわけではないし、大切なことは、トイレトレーニングを楽しく、待ち望んだものに工夫することで、まずは子供たちにトイレに行きたいと思わせることが先決なのではないかしら?


━━どのくらいの頻度でトイレに座らせていたのでしょうか?

我が家では1時間おきにトイレに座らせるようにしていたわ。そして、特に心掛けたことは、トイレに行くのが楽しくてワクワクするような仕掛けをすること! でも、それを“賄賂”的にではなく、純粋に“ご褒美”と思わせるのが、強いて言えば私のやり方だと思うわ。


━━どのようにしてトゥルーを“その気”にさせるように仕向けるのですか?

トゥルーはトイレの時間のあとは、いつもご褒美として“ステッカー”をもらえるようになっているの。それから‟トイレが上手にできたとき”には、ご褒美として妖精のプリンセス・ポピー(Princess Poppy)のような映画をいくつかに区切って見せてあげるようにしているわ。これはあくまでの私の意見だけれど、1日を通してトイレのご褒美はトイレが成功したときだけにすること!
そうしないと、子供たちは混乱するから! 要するに子供たちにトイレに行きたいという動機付けをする必要があると思うの。


━━これまでのところ、このトレーニングを通してあなたが学んだことは何だと思いますか?

最初に始めたときは、トゥルーを10分間トイレに座らせるようにしていたの。でも、そのうちに10分は少し長すぎるかなと思い始めて5分に切り替えてみたの。だって何分座るのが正しいという基準はまったくないわけだし! 彼女は本を読みながらトイレに座るのが大好きだから、少し長く座っているかもしれないわね。
子供たちはそれぞれ好みの時間が違って当然だと思うけれど、10分は少し長すぎると思うし、私の場合は5分がベストだと信じているわ。

OKJ.Khloe Kardashian.1.3.jpg
写真左から:クロエの母のクリス・ジェンナー(Kris Jenner)、姉のコートニー・カーダシアン(Kourtney Kardashian)、クロエ、キム・カーダシアン・ウェスト(Kim Kardashian West)


━━何が一番難しかったと思いますか?

子供の気持ちや様子を先読みすることは難しかったので、とにかく自分が決めた時間の間隔を守ってトイレに連れていくようにしたの。自宅にいるときに、決められた時間にトイレに連れていくことは、それほど難しいことではないけれど、徐々に普通の生活リズムが戻るようになると、家族に会いに外出したりして、きっちりと時間通りにトイレに連れていくことは難しくなってくるかもしれないわね。もちろん、トゥルーが従兄たちと一緒に遊びに夢中になっているときにトイレに連れていくのは難しいかもしれないけれど、とにかく決められた時間に続けることが何よりも大切!

でも、私は首尾一貫して約束を守るタイプだから、心配しなくても大丈夫よ!
ご存知のように、私にはたくさんの甥や姪がいるからトイレトレーニングには慣れていると思われるかもしれないけれど、それが自分の子供のこととなると、また話が違ってくるのよね。もちろん、私はまだまだ新米ママだけれど、何とか頑張ているわ。


━━トゥルーがトイレに失敗したときは、母親としてどのように接したのでしょうか?

これは“トイレトレーニング反応”と言われているもので、誰でも間違いはおかすし、特に小さな子供たちは、あの小さな頭の中で1日中新しいことを学んで、“心ここにあらず”というときも多いから、なおのこと失敗することが多いと思うわ。でも、親子で一緒に学習しているうちに、色々と分かってくると思うし、何よりも大切なことは決して叱ったりしないこと!

そのときは、トイレトレーニングはとても楽しいことだと言葉で諭して、上手にできたときはきちんと褒めてあげることも大切! とにかく、トイレを使うたびにちょっとしたお祝いをして、トイレトレーニングを楽しい行事にするように心掛けているわ。小さな子供たちは成功しただけで自分を誇りに思うし、それは私にとっても同じことなの。それに今はトゥルーの癖がだんだん分かってきて、自分1人で部屋の隅に行ったり、走り回ったりしたときは、彼女がトイレに行きたいというサインなの。小さなトイレの前で身もだえたりするときもトイレに行きたいというサインなの。


━━なぜビジネスパートナーとして、パンパース・イージー・アップス(パンツ型オムツ:Pampers Easy Ups)とタイアップしようと思ったのですか?

たくさんの母親たちが同じような経験をして、大変な思いをしていると思うの。だから、“このトイレトレーニングをもっと楽しいものに、そしてトゥルーのためにもなるようにするにはどうしたら良いのか?”を考えてみたの。
それで、色々と調査した結果、パンパース・イージー・アップスが多種多様のキャラクターデザイン入りのトイレトレーニングパンツを揃えていて、何とラッキーなことに、プリンセス・ポピー(Princess Poppy)のものもあるということが分かったわけなの!
まさに単純明快! ポピーは、今トゥルーが大好きなキャラクターの1つで、他にもあと2つほど、お気入りがあるらしいけれど、彼女はこのお気に入りの下着を身に着けていると、自分が大きな女の子になったように感じるみたいよ。

Text © Georgia Trevitt
Photo © FayesVision / WENN.com
Photos © Nicky Nelson / WENN.com


END.
CATEGORYから記事を読む