@okj_webmagazine face book twitter
close
open

OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! インタビュー☆カーリー・クロス:“私はいつも最善を尽くす自分でいたいと思っているの”(後編)
アンタプラナーとしても活躍☆ミレニアム世代に絶大な人気を誇るスーパーモデル、カーリーの信念。

limited 2020.06.11

OKJ.Karlie Kloss.2.1.jpg
アンタプラナーとしても活躍する、ミレニアム世代に絶大な人気を誇るスーパーモデルのカーリー・クロス(Karlie Kloss)。


━━ご自身のことをスタイルアイコンだと思っていますか?

私は、スタイルはその人自身の個性を表現するものだと信じているの。10代の頃の私はいつも着心地の良いドレスを身に着けていたけれど、モデルになったからといって、特に豪華なドレスや流行の先端を行くような装いをしているわけではないわ。それよりも、私はどちらか言うと、レザージャケットとショートスカートの組み合わせや、ブラックのミニドレスといったベーシックな装いが私の好みなの。
例えば、クラシックな1着に何かちょっとテイストが違ったシンプルなファッションを組み合わせて、自分らしい表現をするように心掛けているわ。
そうした独自の心掛けが自分らしさを表現するファッションに繋がるのではないかしら?


━━モデル業の他にも、“カーリーズ・クッキーズ(Karlie’s Kookies)”社を立ち上げて学校へ給食支援活動を実施したり、若い女性たちのためにコンピュータープログラミング奨学金を設立して支援活動に従事していますが、こうした社会貢献活動はご自身の中でどのくらいの比重を占めているのでしょうか?

もし成功したら、その知名度を上手に使って、自分が信じる社会貢献活動を通して支援が必要な人たちに手を差し伸べたいと、いつも思っていたの。
特にありのままの自分に自信を持って、夢に向かって前向きに生きていこうとする若い女性たちを支える活動をすることが私のゴールだったの。というのも、それは特に10代の頃の私がクラスの仲間の中でも群を抜いて背が高くて、そのことがコンプレックスとなって悩んだことと関係があるのだと思うわ。

だから10代というと、つい苦い思い出がよみがえってくるのだけれど、それは私に限らず、ほとんどの女の子たちも10代の頃は自分の容姿や自尊心に関して同じような問題を抱えているのよね。
だから、私は自分の経験を通して若い女性に不安や自信喪失を克服して、健康で実り豊かな人生を送ってほしいと願っているのよ。ほんのちょっとした感動や行動、そして目標を持つことがその人の人生を全く変えることも有り得ると私は信じているの。


━━若い女性たちのためにコンピュータープログラミングを推奨することに対するあなたの意図について、少しお話ししていただけますか?

私自身、このコンピュータープログラミングにとても魅力を感じたということもあって、特に才能ある若い女性たちに挑戦してほしいという強い思いがあったの。
だって、この業界は、私たちの日々の生活を改革する重要な役目を担っていて、女性たちにも活躍のチャンスがあっても良いとは思わない?

OKJ.Karlie Kloss.2.2.jpg


━━モデルとして活躍する中で、あなたにとって変化への画期的な瞬間があったとしたら、それは何ですか?

そうね、やはりイタリア版『ヴォーグ』の表紙を飾ったときだと思うわ。だって、フォトグラファーがスティーブン・マイゼル(Steven Meisel)、メイクアップアーティストがパット・マグラス(Pat McGrath)、そしてスタイリストがカリン・サーフ・ドゥ・ドズィール(Carlyne Cerf De Dudzeele)といったファッション界の第一線で活躍する大御所と一緒に仕事ができるなんて、すごい話だと思わない?

もちろん、どの雑誌でも表紙を飾るということは夢のような話だけれど、イタリア版『ヴォーグ』の表紙に紹介されるというのは私にとって長年のゴールでもあったし、私にとってはまさに画期的な節目の出来事だったわ! 結局、そのお陰でファッション界でも注目を浴びて、自分でも想像していた以上の成功を手に入れることができたのですもの!


━━ソーシャルメディアにおけるあなたの存在が、あなたのキャリアをますます推進しているのではありませんか?

確かに、インターネットのコミュニケーション能力はまさに画期的だと思うわ。私はこのツールを上手に駆使して、ファッションモデルとしての私以外の素顔を知ってもらおうと努力しているの。
私がモデルを始めた駆け出しの頃はソーシャルネットワークにはまだ今のようなインパクトはなかったけれど、仕事の成功と共に自分の名前が知れ渡り始めた今のこの時に、このソーシャルネットワークのお陰で幅広くさまざまな人たちと繋がることができたことはとてもラッキーだと思っているわ。

もちろん、私自身の仕事の中でも大きな変化が起きたし、今は人々と一体になって何かを一緒に築いていく過程を楽しんでいるところなの。これからもずっと周囲の人たちに感動を与え、ポジティブなメッセージを送っていきたいと思っているわ。


━━ファンに対するあなたの責任に対してはどのように考えているのでしょうか?

ファンの皆さんにはモデルとしてだけではなく、それ以外の私の本当の素顔を知ってもらいたいと思っているわ。それから、健康的で躍動感あふれるライフスタイルを推奨して、自分の身体を大切にするメッセージを届けていきたいの。
適度な運動と健康的な食生活は生きて行くいく上でとても大切な重要課題だと信じているし、私は健康的でフィットした体型と健康が“美の象徴”だと信じているから!

INTERVIEW BY WENN
PHOTOS © WENN


END.
CATEGORYから記事を読む