@okj_webmagazine face book twitter
close
open

OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! インタビュー☆カーリー・クロス:“私はいつも最善を尽くす自分でいたいと思っているの”(前編)
アンタプラナーとしても活躍☆ミレニアム世代に絶大な人気を誇るスーパーモデル、カーリーの信念。

limited 2020.06.06

OKJ.Karlie Kloss.1.1.jpg
アンタプラナーとしても活躍する、ミレニアム世代に絶大な人気を誇るスーパーモデルのカーリー・クロス。


もし、野望に満ちたビジネスウーマンがブランディングビジネス成功の、ロールモデルを必要とするなら、カーリー・クロス(Karlie Kloss)以上の人はいないに違いない。

若干27歳にして『VOGUE(ヴォーグ)』40誌のカバーを飾ったアメリカ出身のスーパーモデル カーリーは、ソーシャルネットワークビジネスでも確固とした成功を収め、さらにテイラー・スウィフト(Taylor Swift)の親友としても知られている。
ミレニアム世代に絶大な人気を誇るカーリーは今やまさにアンタプラナー(社会起業家)帝国を築き続け、その活躍の勢いは止まることを知らない。

スワロフスキー(Swarovski)、トップショップ(TOPSHOP)、ロレアル(L'Oreal)、マーク・ジェイコブス(Mark Jacobs)、ディオール(Dior)の広告キャンペーンモデルを飾る活躍の他にも、自身のプロデュースによるヘルスフードビジネスを立ち上げたカーリー!
そして、その売り上げは飢餓撲滅を支援するチャリティー団体に寄付され、ランチを食べることができないアメリカ全土の子供たちのためにフリースクールにランチを提供するというチャリティー活動も展開している。

またその他にも、コンピューター専門学校のフラティロン・スクール(Flatiron School) 及び、自身がコンピューターサイエンスを学ぶために2年間通っているニューヨーク大学(NYU)の協力の下、コード・ウィズ・クロッシー(Kode With Klossy)を立ち上げ、ソフトウェアプログラミングを学ぶことを目標とする若い女性たちに奨学金を提供するチャリティー活動を実施している。

「世界をより良い場所にすること」を目標に掲げて行動する、生粋のアメリカンガール、カーリー・クロスは、他の若き女性たちにも同じように目標を持った人生を歩んでほしいと願い、その熱い思いを次のように語っている。
「仕事の成功で手にした知名度を通して、何らかの形で社会貢献をしていきたいという思いが、今の私を突き動かしているの。微力ながら、若者や若い女性たちが自分たちのゴールを達成するためのプロジェクトを立ち上げて、支援活動に関わっていきたいと思っているのよ。」

自身が掲げる目標のために弛まない努力を続け、本気で突き進むカーリー!

OKJ.Karlie Kloss.1.2.jpg


━━カーリー、他の若い女性たちを成功に導く手伝いをすることが、自分の役目と思っているということですが、何があなたのそうした思いを突き動かしているのでしょうか?

私はいつも最善を尽くす自分でいたいと思っているの。まずはそうした思いが始まりで、その後に続く弛まぬ努力があってこそ、スポンサーと一緒にさまざまなプロジェクトに関わりながら、世界的な社会貢献活動ができるのではないかしら! そういった意味でも、周りの人たちの生活に変化をもたらしたり、チャンスを与えることができる、現在の自分を取り巻く環境に心から感謝しているわ。


━━過去のインタビューの中で、“努力なくして成功なし!”とおっしゃっていますが、そのご自身の理念は一体どこからきているのでしょうか?

それはきっと、私のバレエトレーニングからきているものだと思うわ。10歳のときからバレエを習い始めたのだけれど、ダンスに必要なテクニックを一つずつ習得するためには、ただただ毎日の厳しい訓練が必要だったの。
バレエに取り組む姿勢から精神的な準備に至るまで、かなり多くの要求に応えなければならないという状況を乗り越えたことが、今の私の個人形成に繋がっていて、目標を実現する力の源になっていると感じているわ。


━━現在活躍しているモデルの中でも、あなたは超一流の鍛錬されたモデルだと言われているようですが、幼少の頃に習ったバレエのトレーニングがその後も習慣となって、ご自身の体型維持に役立っているのでしょうか?

バレエはただ単にトレーニンするだけではなく、その他にも自身の身体を目覚めさせ、調和の取れた動きをつくり、そして美しい姿勢を保つという効果があるの。そして、その全てがモデルとして成功するために必要な要素だと思うわ。実は私は、小さい頃から学校でいつも“やたらに背が高い痩せた女の子”とからかわれていたので、スポーツやフィットネス運動を重ねて美しい体型をつくりだすことに誇りと意義を感じているの。

鍛錬の末、健康的でフィットした自分の姿を見ると誇りを感じるし、自分をからかう人たちとも、どのように接したら良いのか分かるようになるわ。それは今でも同様で、私自身オンラインを通した批判にも難なく対応できるようになっていると、自信を持って言うことができるわ。


━━世界のトップモデルの1人として認められるようになった裏にあるあなたの資質を挙げるとしたら、それはご自身の中で一体何だと思いますか?

そうね。きっと容姿以外の何かが必要なのだと思うわ。例えば、私の場合は出来る限り自分の本来の姿を私が持つ個性で表現しようとしているの。つまり、ドレスを披露する以外に、実際の生活の中でユニークで心を打つ、意義のある何かをメッセージとして訴えかける必要があるのではないかと感じているわ。

特にモデル業界は浮き沈みが激しくて、今日いたモデルも明日はいなくなるという感じだし、その中で息の長いモデル活動を続けていくためには、一つ一つの仕事の中に人々が感謝して感動してくれるような何かを地道に紹介し、提供し続ける必要があるのでないかしら!
常に、世界で起きることや、周囲の環境に関心を持って、真剣に仕事に取り組む姿勢を持ち続けていけば、道はきっと自然に開けてくると信じているわ。

INTERVIEW BY WENN
PHOTOS © WENN


後編へ続く・・・。
CATEGORYから記事を読む