@okj_webmagazine face book twitter
close
open

OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

2020年をリードする女性たち
OK! が選ぶ“最も感動を与えた女性”

limited 2020.06.01

OKJ.Jesy Nelson.1.1_0.jpg
ジェシー・ネルソン。


ジェシー・ネルソン(Jesy Nelson)

今年1月に開催されたイギリスのITVが主催する「第25回ナショナル・テレビジョン・アワード(National Television Awards)」で、BBC制作のドキュメンタリー『Jesy Nelson: Odd One Out (ジェシー・ネルソン:オッド・ワン・アウト)』が「ベスト・ファクチュアル・プログラム賞」を受賞。
優勝者の冠を身に着け、ネット上のいじめがその被害者に与える影響について堂々と語る「リトル・ミックス(Little Mix)」の歌手、ジェシー・ネルソンの姿を見たとき、OK! チームはこれ以上ないような歓声を送り、栄誉あるジェシーの受賞を祝った。
スピーチの中で、ジェシー(28歳)は「憎しみに満ちたネット上のコメントを受けていたとき、それが原因で自殺すら考えたこともあった。」と語っている。

2月に亡くなった、キャロライン・フラック(Caroline Flack)の例を挙げ、“ネット上のいじめとメンタルヘルスの相互関係を今まで以上に真剣に考えなければならない時期がきている”と、真実の思いを伝える彼女の力強いスピーチに、会場の皆は感動の思いを抑えることができなかった。


2.Vanessa Bryant.jpg
写真左から:ヴァネッサ・ブライアントとコービー。


ヴァネッサ・ブライアント(Vanessa Bryant)

バスケットボール選手で夫のコービー(Kobe)と13歳になる娘のジアナ(Gianna)をヘリコプター事故で失ったヴァネッサ・ブライアント。
コービーとヴァネッサは、亡くなったジアナの他に、ナタリア(Natalia:17歳)、ビアンカ(Bianka :3歳)、カプリ(Capri :18ヶ月)を設けている。
事故の悲しみに打ち勝ち、一見気丈そうに見えるヴァネッサだが、先日も突然の事故で家族を失った悲しみについて、自身の心境を次のように語っている。
「コービーとジジ(ジアナの愛称)と一緒にいなかったことを今でも悔やんでいるわ。でも、今こうしてナタリア、ビアンカ、カプリと一緒にいることに感謝しているの。」

そして、コービーが設立したチャリティー団体「マンバ・アンド・マンバシタ・スポーツ・ファウンデーション(Mamba And Mambacita Sports Foundation)」にジアナの名も新たに加え、今は亡きコービーの意思を引き継ぎ、活動を継続していきたいと語るヴァネッサは、次のような声明を発信している。
「この活動は“スポーツを通して若者にチャンスを与える”というミッションを携え、夫が亡くなった後も今まで以上の強い結束の下、継続されていきます。」

ヴァネッサはさらに次のようなメッセ―でスピーチを終えている。
「皆様からの溢れるような支援と、心温まるご寄付に心からお礼申し上げます。私たちはこれから先もコービーとジジの遺産として2人が残した意思を引き継ぎ、この活動を継続していきたいと思っています。スポーツを通して、何かを成し遂げようとする若者たちに勇気を与え、より良い社会づくりに貢献できることを願っています。」
女性として、さらに母として、その素晴らしいスピーチに乾杯!


3.Billie Eilish.jpg
ビリー・アイリッシュ。


ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)

ビリーにとって2020年は、まさにダイナマイトが爆発したような年といえる。今年初めに開催された2020年グラミー賞(Grammys)で、レコード賞、アルバム賞、楽曲賞、新人賞の主要4部門全てを独占し、1981年以来の偉業を果たしたビリー!
ちなみに彼女はまた、史上最年少でベストアルバム賞を受賞した若きアーティストでもある。
また、『007シリーズ』のテーマソング『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』(原題:No Time to Die)を最年少で熱唱し、確固とした地位を獲得したビリーだが、彼女はさらに、ブリット・アワード(Brit Awards)2020で「最優秀インターナショナル女性ソロアーティスト賞」も受賞していることを忘れてはならない。

数多くの名だたるアーティストの中でも、“自分らしさを失わない” 傑出した才能を持ち合わせていると評判のビリーは、「自分たちがルールに縛られていると感じているから、より一層私のことを“ルールブレーカー(規則破り)”と思うのかもしれないわね。」とコメントしている。
ああ、私たちの時代にもビリーのようなロールモデルがいてくれたらなあ!


4.Jennifer Lopez.jpg
ジェニファー・ロペス。


ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)

今年、ジェニファー・ロペスが「NFL第54回スーパーボール(Super Bowl LIV)」ハーフタイムで豪華なパフォーマンスを披露すると報道された際、喜びを隠し切れなかったOK!
かつてのセレモニーでは男性中心の出演がほとんどで、“典型的な男性社会”と批判の多かった祭典だったが、今年は2人の女性アーティストがこの世界的なイベントに顔を揃えて出演している。
そして、その際ジェニファーは会場で聴衆に向けて「スーパーボールで2人のラテン系女性が見出しを飾るという偉業は、特にトランプ政権の下では大きな意味があると思います。」という胸を打たれる感動的なメッセージを送っている。
ジェニファーは出演前に「さあ、これから2人のラテン女性ができる全てを振り絞って世界中に私たちのメッセージを発信しましょう!」とシャキーラ(Shakira)を鼓舞したという。そして、その役割を見事果たした2人の女性!

また、主役兼、共同プロデューサーとしてかかわっている全米2019年9月13日公開映画『ハスラーズ』(原題:Hustlers)で、ゴールデングローブ賞(Golden Globes)、全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)、放送映画批評家協会賞(Critics' Choice Awards)にノミネートされた、ジェニファー!

激しい情熱、溢れる自信、恐れを知らない強さを持ち合わせる、今年50歳を迎えたジェニファー・ロペスだが、年を重ねるごとにその素晴らしさに磨きをかけるジェニファーから目が離せない!


5.Jodie Turner-Smith.jpg
ジョディ・ターナー=スミス。


ジョディ・ターナー=スミス(Jodie Turner-Smith)

今年絶賛を浴びた映画『クイーン&スリム』(原題:Queen & Slim)でダニエル・カルーヤ(Daniel Kaluuya)と共に主演を務め、社会的固定観念に挑戦する役柄を見事に演じ切った、ジョディ・ターナー=スミス!

今年4月、夫のジョシュア・ジャクソン(Joshua Jackson)との間に第一子が誕生。
誕生を待ち望んでいたジョディは、ツイッターで「生まれる子の性別については、もう分かっているの?」との質問に「もちろん、動物学的な性別は分かっているけれど、ジェンダーという意味での性別に関しては分からないわ! 生れてくる子供が、どのように応えるかが楽しみだわ!」という答えを送っていた。
2月の「ザ・グラハム・ノートン・ショー(The Graham Norton Show)」にクロップトップ(Crop top)スタイルで膨らんだお腹を披露していたジョディだが、周囲の批判的なコメントに彼女は次のようなコメントで切り返している。
「妊娠した女性の体についてのあなたの“見くびり”のコメントなんて相手にもしたくないわ!」


6.Lizzo.jpg

リゾ。

リゾ(Lizzo)

2019年のグラストンベリー・フェスティバル(Glastonbury Festival)で“本当の意味で会場を沸かせることができるアーティスト”として、その素晴らしさを証明したリゾは、周囲から“今年はまさにリゾの年”と、高い評価を受けている。
しかし『グッド・アズ・ヘル(Good As Hell)』で知られる歌手、リゾが既に2020年の幕開けに“新しい顔”として、周囲から高い評価を手にしているのは周知の事実でもある。 今年1月、テネシー州にて毎年行なわれている野外ロック・フェスティバル「ボナルー・フェスティバル (Tennessee music festival Bonnaroo)」で、初の女性歌手として2日目のヘッドライナーを務めることを発表したリゾは、若者がよく口にするスラング「アバウト・ダム・タイム(About damn time)」、つまり“くそ素晴らしい(f*****g good)”というフレーズで自身の偉業を自画自賛している。

過去3回に渡りグラミー賞を受賞しているリゾ(31歳)は、受賞スピーチの中で、世界中の観衆に向けて「私たちは自信を持つことが何より大切だと思うわ!これからは人々に喜びと解放を与える音楽づくりをする幕開けなの! 皆でその目標に向かって手を携えていきましょう!」という力強いメッセージを送っている。

さらに、残念ながらブリット・アワード(Brit Awards)での受賞は逃したものの、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)のテーブルから盗んだテキーラグラスを片手に持って独特の“お尻振り”スタイルでヒットメドレーを披露するリゾ!

WORDS BY KATIE LANGFORD FOSTER
Photo © Lia Toby / WENN
Photos © Avalon / WENN

END.
CATEGORYから記事を読む