@okj_webmagazine face book twitter
close
open

OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! 独占インタビュー☆ ケイトリン・ジェンナー: “マリブの豪邸訪問” Vol.2
「今までずっと隠し通してきた秘密からやっと解放されて、今は本当の自分の人生を生きているわ!」と語るケイトリン。

limited 2020.05.03

OKJ.Caitlyn Jenner.2.1.jpg
今までずっと隠し通してきた秘密からやっと解放されて、今は本当の自分の人生を生きているわ!」と語るケイトリン・ジェンナー(Caitlyn Jenner)。


━━キムとご主人のカニエ・ウェスト(Kanye West)にはどの位の頻度で会っているのでしょうか?

つい最近はクリスマスのお祝いで会っているし、その他にも時々会う機会はあるよ。カニエとはよく話しをするけれど、彼は本当に好青年で、今も素晴らしいことを成し遂げていると思うの。とにかく、想像力豊かだし、賢くて、優しくて、全くと言って良いほど、非の打ちどころがないわ。

キムは今、弁護士になるために勉強していて、一部では眉をひそめる人がいるようだけれど、彼女の能力を過小評価している人たちがいるのは、ちょっと不愉快と感じているの。だからキムは周囲の偏見を見返すためにも、今は週に3日か4日、3時間ずつ自宅で一生懸命独学に励んでいるわよ。
それに父親のロバート・カーダシアン(Robert Kardashian)も弁護士だったし、キムが弁護士になるという目標を持ち続けていたとしても、決して不思議なことではないと思うの。
5年計画で目標を達成すると言っていて、資格取得後は自分の弁護士事務所を設立して、勉強仲間を雇用して刑務所のシステム改善に取り組みたいと自分の抱負を語っているわ。

キムは豊かな人間性を兼ね備えた素晴らしい人間だと思うし、今まで築いてきたさまざまな実績をみても、私は常日頃から尊敬に値する女性だと評価しているの。
どんなに観衆の目にさらされても、決して自分を見失うことはないし、カニエと共に素晴らしい家庭を築いている。きっと、2人はこれからも二人三脚で堅実な人生を歩んでいくと期待しているわ。

OKJ.Caitlyn Jenner.2.2.jpg


━━先月行われたインタビューの中で、‟ソフィア・ハッチンスが2人の間は恋愛で結ばれているわけではない”と述べていますが、そのことについてもう少し詳しくお話ししていただけますか?

ソフィアとは男女を離れた友情関係で結ばれていて、そうした関係を築くことができる環境にいる自分を本当に幸運だと思っているの。毎日一緒に行動して、2人で人生を謳歌しているわ。
彼女には彼女の人生、そして私にも私の人生があるけれど、お互いのプライバシーを尊重しながら互いに支え合って、最高の友情に結ばれて、ここで一緒に暮らしている・・・誰にでも、ソウルメイトは必要だと思うの。

OKJ.Caitlyn Jenner.2.3.jpg


━━一部の報道によると、婚約なさったという噂も耳にしていますが?

それはメディアの妄想! 私たち2人は、お互いを尊敬し合う最高の友達だと思っているし、2人の関係はそれ以上でも以下でもないと言ったら分かってもらえるかしら?


━━あなたはかつて“私の人生にとって“女性”は恋愛対象ではなくて友達、そして男性との交際も考えている”とおっしゃっていますが、その考えは今も変わっていないのでしょうか?

少なくとも、今の私が求めていることは誰かと特別な関係を持つことではないし、これから先は、もっと他にやりたいことが山のようにあるわ。
3回の結婚を通して、人並みにさまざまな経験も積み重ねてきているしね。それよりも、今は70歳という年齢を迎えて、残された人生を楽しく有意義に暮らしていきたいと思っているだけ、ただその一言に尽きるというのが今の私の正直な心境なの。

OKJ.Caitlyn Jenner.2.4.jpg


━━2015年に女性として生まれ変わられてから5年の歳月が流れていますが、性転換手術をした前とその後の人生を比較して、どのように感じていらっしゃるのでしょうか?

それまではずっと長い間心の中に秘密を抱えて生きてきたわけで、自分でもいつもモヤモヤとして複雑な心境だったの。朝起きて鏡に映る自分の姿を見て、それから一日中、自分でいることができるって本当に素晴らしいことなの。お手入れに時間が掛かるようになったけれど(笑)、でも人生がもっと楽になったのよ!

今の私には、やらなければない理由と使命ができたと思うし、これは今までの自分の人生の中にはなかったことで、生き甲斐のある人生を生きることの素晴らしさを改めて感じているわ。これからは自分なりに世界をより良い方向に導くような生き方を目指して生きたいわ。

OKJ.Caitlyn Jenner.2.5.jpg


━━ご自分を鏡の中でご覧になったとき、どのように感じますか?

朝の起き掛けや、道を歩いているとき、鏡やショーウィンドウに写る自分の姿を見て、独り言のように「ウーン、結構いけるじゃない!」なんてつぶやきながら、悦に入っていることもあるのよ!

OKJ.Caitlyn Jenner.2.6.jpg
このドルチェ&ガッバーナ (Dolce & Gabbana)のスメッグ ケトルは、元妻のクリス・ジェンナー(Kris Jenner)からのプレゼント。


━━性転換前は鏡に映る自分をどのように感じていましたか?

周囲の人たちは、かつてスポーツ選手だった私をイメージするだろうし、でも、そこには常にそれに反した自分がいるわけで、2つの顔の狭間で何か言い知れない違和感を持っていたと思うの。
1976年のオリンピックで優勝した後、バスルームに行って、優勝メダルを身に着けて等身大の鏡に写る自分の姿を見たとき、“さあ、大変なことになってしまった。周囲からは“ブルース”のイメージが強すぎて、これから先ずっと、そのイメージと闘わなければならないようになってしまった!”と思ったことを今でも鮮明に覚えているわ。
(ちなみに、ケイトリンはその当時はブルース・ジェンナー(Bruce Jenner)として1976年デカトロン競技十種競技、男性部門に出場して見事優勝を果たしている。)

「だって実際の私は男性的な肉体を誇るデカトロン・オリンピック十種競技の金メダリストのイメージとはかけ離れていて、あの時の私はスタジアムにいる48時間、四六時中、世間から貼られたレッテルに圧倒されて病気になりそうな気がしたのを覚えているわ。それから時間を経て、性転換手術を受けてからの私は偽りのない自分に戻って、自分らしい生き方を楽しんでいるの。だから、私の今までの人生逸話は多分、オリンピックゲームの話題よりはるかに面白いと思うの。」

INTERVIEW BY ANNABEL ZAMMIT
PHOTOS: SIMON PERRY , ADDITIONAL PHOTOS: LUKE JOHN SMITH AND TARKAN ALGIN, STYLING: HENNY LETAILLEUR AT HOLLY CORBETT REPRESENTS, ASSISTED BY: WENDY MCCLENDON , MAKE-UP: KIP ZACHARY USING KYLIE COSMETICS AND KKW BEAUTY.


Vol.3へ続く・・・。
CATEGORYから記事を読む