@okj_webmagazine face book twitter
close
open

OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

ウエストライフ:今度こそ永遠に活動するウエストライフとして活動を誓う!
約10年という歳月を経て、待ちに待った音楽活動を再開することになったアイリッシュ4人組。

limited 2020.03.10

OKJ.Westlife.1.1.jpg
約10年という歳月を経て、待ちに待った音楽活動を再開することになったアイリッシュ4人組、ウエストライフ。
写真左から:シェーン・ファイラン、マーカス・フィーリー、キーアン・イーガン、ニッキー・バーン。


全世界5,500万枚のアルバム売上を誇るウエストライフ(Westlife)が、ライバルであるテイク・ザット(Take That)の成功を乗り越え、待ちに待った音楽活動を再開することになった。

バンドマスターであるシェーン・フィラン(Shane Filan)(40 歳)、ニッキー・バーン(Nicky Byrne)(41歳)、マーク・フィーリー(Mark Feehily)(39歳)、キーアン・イーガン(Kian Egan)(39歳)の4人のメンバーが率いるバンド、ウエストライフが、今や世界を代表するヒットメーカーであるエド・シーラン(Ed Sheeran)がソングライターとして名を連ねるニューアルバム『スペクトラム』(Spectrum)を2019年11月15日、約9年ぶりにリリースした。

2019年11月15日に行われたインタビュー取材の席でシェーンは次のように語っている。
「このニューアルバムに匹敵するライバルがいるとしたら、それはテイク・ザットがカムバックしてくるときだと思うし、それに叶うか、それ以上のレベルのアルバムにしようと頑張っているんだ。」

皮肉なことに、ウエストライフは同じアイリッシュのバンド、テイク・ザットと同じ時期の1998年に結成されているが、その当時サイモン・コーウェル(Simon Cowell)はウエストライフについて「こんなに格好悪いバンドなんて今まで見たこともないよ!」というコメントで結成当時のメンバー構成を否定し、最後まで契約サインを交わさなかったという。

そのコメントを受けて、長年ウエストライフのマネージャーを務めるルイ・ウォルシュ(Louis Walsh)は3人のバンドメンバーを解雇し、その代わりにニッキーとブライアン・マックファーデン(Brian McFadden)をバンドメンバーとして受け入れ、グループ再編成を果たした。
その結果を受けてサイモンと契約を交わしたウエストライフは、その後、多くのファンを持つ名曲『ユー・レイズ・ミー・アップ』(You Raise Me Up)や『フライング・ウィズアウト・ウィングス』(Flying Without Wings)を含める11のトップアルバムと14のシングルアルバムを発表している。

OKJ.Westlife.1.2.jpg


バンドの人気はうなぎ上りとなり、ピーク時にはどこに行ってもファンに囲まれてもみくちゃにされたメンバーだが、その当時のアジアツアーの様子を振り返り、シェーンは「とにかくファンの皆がとても強引で、僕たちの頭に触って髪の毛を抜き取ろうとしたりする人たちもいたんだ。」と語っている。

その後、数々の人生の浮き沈みを経験したメンバーだが、メンバーの1人、ニッキーはグループの関係について次のように述べている。
「僕たちは何がどうあろうと、血を分けた兄弟のような関係なんだ。転げ落ちても一緒に立ち上がり、抱き合ってキスをしたり、激しい議論を交わしたり、喧嘩もする。でも何があってもお互い“深い人間愛”で繋がっているんだ。」

その後2004年、ブライアンはバンドを退き、残った4人はそれぞれがソロシンガーとして独立する2012年までウエストライフのメンバーとして活動。
そしてその間、シェーンが不動産投資のために破産宣告をするような騒ぎもおこしたりしている。さらに、バンド解散後の再編成は全く無いと言われていた中、2019年10月1日に発表された54日間に渡るイギリス・アジアの20回のツアー企画は周囲の皆に大きな驚きを与えた。

その一方、私生活において、2005年に自身の性的な問題に関して“同性愛者”ということを告白したマークだが、彼はその当時の心境について「心の中ではいつも暗い闇を抱えていたし、自分の秘密を口外するのはとても怖かったよ。」と述べている。
しかし、その後2013年、彼はフィアンセのケイリン・オニール(Cailean O’Neil)と同性結婚を果たし、その後、代理出産で二人にとっては最初の子供にあたる、娘のレイラ (Layla)を迎えている。

また、バンド仲間のニッキーは、初恋の相手,ジョージナ・アハーン(Georgina Ahern)、シェーンはジリアン・ウォルシュ(Gillian Walsh)、キアンは女優のジョディ・アルバート(Jodi Albert)とめでたく結婚し、それぞれ3人の子供たちの父親として幸せに暮らしている。

しかし、どんなに家族と幸せな暮らしをしても、この4人のバンド仲間はどうやら一生離れることができないらしく、ニッキーはウエストライフの将来について「僕たち全員はこれから先も永遠にウエストライフと共に生き続けていくつもりだよ。」と述べている。

OKJ.Westlife.1.3.jpg


ウエストライフ・ナンバー

12のアルバム・リリース
2000年代イギリス国内で最大の売り上げを記録したグループ。

SEVEN(7)
デビューシングルから7曲連続、アルバム全てがイギリス国内のナンバーワン・チャートに入り、世界ギネス・レコードにも記録されている。

10億
10億回のYou Tubチャンネルのビデオ閲覧回数記録。

97
数多くのMTVアワード(MTV Awards)、4つのブリット・アワード(BRITs)、1つのワールド・ミュージック・アワード(World Music Award)など数々の受賞。

SEVEN(7分)
2019年7月のダブリン(Dublin)帰省ツアーでチケットが完売された時間(分数)。

FEATURE © ANNA POINTER / OK! MAGAZINE
PHOTO © P Hoffmann / WENN.com
PHOTOS © Peter Kaminski / WENN.com


END.
CATEGORYから記事を読む