@okj_webmagazine face book twitter
close
open








OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆リチャード・ギア: 仏教が彼にもたらした心の平和:“教えは人生の全てに影響を与えてくれるよ” Vol.1
最大の教訓は忍耐と寛大さ! より高い意識とスピリチュアリティを得ることができると語る、リチャード。

limited 2019.06.14

OKJ.Richard Gere.1.1.jpg
最大の教訓は忍耐と寛大さ! より高い意識とスピリチュアリティを得ることができると、仏教とダライ・ラマの教えに従ってきたリチャード・ギアが仏教が彼にもたらした心の平和について語る。


リチャード・ギア(Richard Gere)は長い間、仏教とダライ・ラマ14世(Dalai Lama)の教えに従ってきた。仏教は彼に相対的な心の平和と悟りの場をもたらしただけでなく、仏教の教えによって生活の全ての瞬間に活力を与える、深遠な精神的目覚めを経験することが可能になったとリチャードは信じている。

彼はチベットの世界親善大使として、また何十年にも渡る中国からの残虐な抑圧に直面しているチベット自治区の独立のきかっけとして長年その役割を果たしている。3年前、ベルリン映画祭に出席中だった彼は、ドイツからチベットへの支援獲得のため、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相を訪問した。

しかし、仏教的信仰心については、伝道者というよりも気さくなメッセンジャーといったリチャード。彼に会うとすぐに、大きな笑顔と輝く瞳で陽気に"こんにちは!"とあなたを迎えてくれる。確かに、69歳の映画スターはいまだに間違いようのないオーラを放っている。黒いスーツに開襟の紫色のシャツと、非常にシックないでたちのリチャードは、人の印象に対して非常に平和的であるものの、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領や不安定な時代の論争に加わることを決心した。

「トランプ大統領はTVのリアリティー番組から出てきて、彼に真実はない...。最初から、(トランプ大統領は)恐怖を餌食にしていて、恐怖というのは人に酷いことをさせるのさ。」と話すリチャード。
「トランプ大統領がした最も恐ろしいことは、難民とテロリストという2つの言葉を融合させたこと。それはとても悲しいことなんだ。「難民」とは、かつては僕たちが共感したり、気に掛けたり、助けたり、保護したいと思う対象だった。今では僕たちはそうすることを恐れていて、それは(彼の)最大の犯罪だよ...。僕たちは皆、この地球上に共に住む人間であり、お互いを想い合って、お互いを愛さなければならないということを忘れてはならない。」

今日(インタビュー当日)、リチャードは、自身の人生の中でもこれまでになく自身に対して心穏やかであり、世界と調和していると告白する。彼の長年のパートナーであり、18歳の息子ホーマー(Homer)を共に授かったキャリー・ローウェル(Carey Lowell)との離婚後、彼はスペイン人のソーシャライト/パブリシストの、アレハンドラ・シルヴァ(Alejandra Silva)と昨年2018年4月に結婚、今年2019年2月には二人の間に男の子が誕生し新たな幸福を見出した。2人は、リチャードが実質的に彼の人生の全てを過ごしているニューヨークと、スペインの間で時間を分けて生活している。

OKJ.Richard Gere.1.2.jpg
写真左から:昨年2018年4月にリチャードと結婚し今年2019年2月には男の子を出産した、スペイン人のソーシャライト/パブリシストの、アレハンドラ・シルヴァとリチャード。


リチャードは先日、キーラン・ハインズ(Ciaran Hinds)とエレナ・アナヤ(Elena Anaya)が共演したBBC TVシリーズの政治スリラー『原題:MotherFatherSon』の仕事を終えている。彼にとってこれは、ストリーミングコンテンツという新たな時代に、TVがもたらすクリエイティブな機会を楽しむ他の多くの俳優たちのリードに続いて、初めてシリーズワークに挑戦したことになる。

1979年の『アメリカン・ジゴロ』(原題:American Gigolo)に始まり、『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』(原題:Arbitrage)、『真実の行方』(原題:Primal Fear)、『シカゴ』(原題:Chicago)、『トゥルーナイト』(原題:First Knight)、『背徳の囁き』(原題: Internal Affairs)、『愛と青春の旅だち』(原題:An Officer and a Gentleman)、そして『プリティ・ウーマン』(原題:Pretty Woman)はもちろんのこと、記憶に残る役柄を数多く演じた輝かしいキャリアを持つ彼だが、1990年代のクラシックムービーは、初めてハリウッドのスターダムでの彼の人気が爆発した後に再びそのキャリアを復活させた。


リチャード・ギアが語る:仏教がもたらしたこと

━━ギアさん、仏教は今でもあなたの人生において非常に重要な側面を持ち続けていますか?

そうだね。仏教は僕に教えを説き、自分自身の内面をより深く見て、周囲の意見に対する心配を減らし、他人の痛みや喜びを分かち合うように教え続けてくれている。それに未熟な人間である僕が抱いていた怒りをコントロールするのにも非常に役立っているよ。

昔は短気だったけれど、個人的なこととして受け取らないということを学んだ。怒りを和らげることができると、ずっと良い気分になる。今でも、特定の状況において自分が適切に反応できないと焦るんだ。もしも自分が怒れば、僕は誰かの気持ちを傷つけるというリスクを負うことになるし、滅多にそんな状況は起きないけれど、そうなったら自分自身を許すことはできないよね。


━━仏教の研究から得た教えが仕事に影響を与えていると思いますか?

教えは人生の全てに影響を与えてくれるよ。自分が人とどう繋がるかや、自分の時間をどう彼らと共有するかということが、些細な瞬間に非常に反映されるということが、もっと理解できるんだ。僕は多くのストレスに対応できるようになって、もっとリラックスできるし、昔はストレスになっていたり、怒りを感じていた状況にも対処できるようになった。自分が心穏やかになれると、もっと楽になるのさ。


━━仏教の発見はあなたの人生の転換点でしたか?

人生の中では特別なことがたくさん起こっているけれど、自分自身を理解し、分かち合い、自分にコミットすることを教えてくれた仏教のような影響を与えてくれたものはない。今日僕たちが目にする混乱の中で、僕たちは変化するものに力を注ぐ必要があるんだ

INTERVIEW © WENN
PHOTO © Daziram / Future Image / WENN.com
PHOTO © Sean Thorton / WENN.com


Vol.2へ続く・・・。
CATEGORYから記事を読む