@okj_webmagazine face book twitter
close
open








OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆エミリア・クラーク: 『ゲーム・オブ・スローンズ シーズン 8 最終章』: “オーマイゴッド、もう二度とこの撮影はできないのね”(後編)
約10年間 デナーリスを演じたエミリアが「キャラクターと共に育った」と10年間を振り返る。

limited 2019.05.19

OKJ.Emilia Clarke.2.1.jpg
アメリカ HBOのTVドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終章となるシーズン8の撮影を終え、約10年間 デナーリス・ターガリエン(Daenerys Targaryen)を演じたエミリア・クラーク(Emilia Clarke)が「キャラクターと共に育った」と10年間を振り返る。


━━あなたも同じように感じますか?

ええ、もちろんよ。ファンと同じように、『ゲーム・オブ・スローンズ』で仕事をした私や他の人たちにとってそれを手放すのは難しいでしょうね。シリーズは私にとって多くのことを意味していて、それが終わるということは、もはやそれに参加していて私にとって家族のようになっている全ての人たちとの別れを意味するの。

学校を終えたときに感じる気持ちみたいな感じね。悲しいけれど、同時にそれはいつか終わりを迎え、あなたはあなたの人生の次の章に移らなければならないことを常に分かっているの。長年会えていないロンドンの友人たちと過ごすことができるのも楽しみにしているわ。


━━『ゲーム・オブ・スローンズ』や『スター・ウォーズ(Star Wars)』のような作品の撮影で遠方へ旅行しなければいけないのは大変でしたか?

ええ、間違いなくね。本当にホームシックになりつつあって、たくさん泣いていたときがあったわ。
安定した生活を送っていないこととか、仕事以外に何かこだわりを感じていることがないことからくる反応だったのね。でも、それを乗り越えて、この種の仕事がもたらしてくれる良いことや、そういう機会を持つことができることがどれほど幸運なことなのかを理解することを学ぶの。

それに(『ゲーム・オブ・スローンズ』とは別に)他のプロジェクトに取り組んでいるときとか、長い間ロンドンから離れるときは、家族や友人を連れて行くようにしているの。とても楽しいわよ。
アットホームに感じられたり、サポートを感じられるように、自分の周りに一種の拡大された巣を作るの。とても役立つわ。
エジプトで撮影していたときには、母と兄を連れて行ったの。少しの間滞在して、私が働いている間に私を訪問するためにまた戻ってきてくれたわ。家族のすぐそばにいられることは美しいことだし、慰めになった。


━━テレビ史上最も評価されるショーの主人公の1人を演じることは衝撃的でしたか?

自分がどれほどラッキーだったかを信じるのを難しいときもあるわね。このシリーズは、全ての女優たちが夢見ているような役割を私に与えてくれたの。
私がコールセンター(彼女が『ゲーム・オブ・スローンズ』のオーディションを受ける前に働いていた職場)で働いていたとき、『ゲーム・オブ・スローンズ』に参加することはそれほど重要ではないと思っていたの。私がデナーリスを演じるだろうと言われたときでさえ、それほど大ごとになるとは思っていなかったわ。

OKJ.Emilia Clarke.2.2.jpg


━━ご両親に女優になりたいと話したとき、ご両親からは何と言われましたか?

父はとても正直で率直だったわ。「ああ、そう。お前は自分が望むことができる。でも、それで生計を立てることができるのは、ごく少数の俳優であることは分かっておくべきだ。私たちはお前をサポートするよ。」ってね。

私は何とか成功できるだろうと常に思っていたの。それに私の両親は私が演技に真剣であることを知っていたわ。私が『ゲーム・オブ・スローンズ』に参加することを知ったとき、両親は「素晴らしい! 娘が仕事を見つけた! 」って言っていた。2人はその仕事が何なのか、そのシリーズが何なのかは知らなかったけどね。ハリウッドはある種の異星人の世界だったわ。


━━自分の成功において最も素晴らしいことは何ですか?

(笑) まずはウェイトレスやバーテンダーとして働く必要がないこと。
私は早起きが好きだから、夜遅くまで働くことは大変だったの。オーディションを受けてデナーリスの役を与えられたとき、私はロンドンのドラマスクールを1年だけ終えただけだったから、ラッキーだったわ。コールセンターで働くことも大変だったし、最初に思ったのは、もうその仕事をする必要がないということで自分がどれほど嬉しく感じているかだったわ。


━━デナーリスを演じるあなたの姿からインスパイアされた若い女性のファンから手紙をたくさんもらったり、声をかけられたりしますか?

ええ。自分の仕事の素晴らしいことの一つね。自分の仕事を通して人々に手を差し伸べることができて、おそらく彼らに自信を与え、彼らの夢を達成するために彼らに力を与える助けとなれることを楽しんでいるわ。

自分に自信を持って、自分を信じることは若い女性にとって非常に重要な問題で、消極的な女の子からよりパワフルで自信を持った若い女性へと変貌した女性を演じる機会を得たことを私はとても誇りに思う。彼女は若い女性にとって良い例だと思うわ。


━━賢くて成功した女性になる秘訣はありますか?

女性は自分たちの強さや弱さ、そして繊細さを受け入れる必要があると思うわ。


━━デナーリスを演じることがあなたを変え、あなたに力を与えたというのは、具体的にどういうことでしょうか?

デナーリスは、すでに私の中にあったけれど、私が自分の有利になるように進化させて使うことができていなかった資質を引き出したの。彼女を演じることで、確実にもっと自信を持てて、自分自身のために立ち上がることを学ぶ助けになったわ。

そういうキャラクターを演じながら、彼女の気質に影響されずにいたり、人生においてより大胆になることを学はずにいることは不可能だわ。デナーリスのそういう側面を描くことができるようになりたいの。もちろん私たちは2人の異なる人間であり、一日の終わりには私は自分自身に戻ることになるし、彼女よりもずっと楽な人生を過ごしてるけどね。


━━ 自分の性格と彼女の性格をどのように比較しますか?

私はできる限りダニーの大胆不敵さと、彼女の決意や目的に対する感覚を受け入れるようにしているわ。でもそれは私の本性ではないの。私は非常に楽天的で脆弱な面を持っているし、そうあり続ける。
でも自分自身を主張することは断然できるようになっているし、物事は上手く進んでいると思う。それにこれまでになく自分の人生を楽しんでいるわ。

INTERVIEW © WENN
PHOTOS © Apega / WENN.com


END.
CATEGORYから記事を読む