@okj_webmagazine face book twitter
close
open

OK!J 限定記事
OK!J 限定記事

前の記事
次の記事

セカンドアルバムを制作中のザラ・ラーソン: 「今は女の子たちが活躍していて、当然そうあるべきよね。」(後編)
スウェーデンのポップスター ザラ・ラーソンが、ペットのカメや音楽業界のイクオリティ、オペレーション・スマイルとの旅についてOK! に語ります

limited 2018.12.28

OKJ.Zara Larsson.2.1.jpg
スウェーデンのポップスター ザラ・ラーソン(Zara Larsson)が、ペットのカメや音楽業界のイクオリティ、オペレーション・スマイルとの旅についてOK! に語ります。


━━最近ブライアンと一緒に「30歳になって、家と子供を持って、犬と多分小さなカメを飼うのが待ちきれない」と写真を投稿していましたが、なぜカメなのですか?

カメは信じられないくらい長く生きるの。もしも1匹飼うなら、一生飼い続けるくらいの責任を負わなければならないわ。カメは100歳まで生きられるし、私たちの目標は100年間一緒にいることよ。


━━ブライアンがインスピレーションになった新曲はありますか?

そうなると良いわね!まだ製作中だから、自分のアルバムがどういうサウンドになるかは分からないの。最後の最後の瞬間まで決めないわ。


━━コラボレーションしたい人はいますか?

ええ、今はデュア・リパ(Dua Lipa)やチャーリー・エックス・シー・エックス(Charlie XCX)みたいにクールなアーティストがたくさんいるわ。今は女の子たちが活躍していて、当然そうあるべきよね。


━━音楽業界はもっと平等になってきていると思いますか?

そうだと良いわね。女性は常にポップ界のアーティストとしてとても存在感があったけれど、業界では女性は強力な立場にいないの。もっとパワフルな女性のCEOが必要よ。


OKJ.Zara Larsson.2.2.jpg


━━オペレーション・スマイルとのガーナへの旅について教えてください…。

口唇裂や口蓋裂は世界中のあらゆる国で起こるけれど、適切な情報やヘルスケアにアクセスできない人もいるの。私たちは、とある女性と話をしたのだけれど、彼女の夫は彼女の口唇裂は悪魔の呪いだと信じていて、彼女を家から追い出したの。とても簡単に治療することができるのに、本当に悲しいことだわ。

私は慈善団体の医師と一緒にガーナに行ったのよ。滞在中、彼らは現地の医師に治療の手順について教えて、私ができることは、そこを訪れて私の声を貸すことだったの。もっとこういう仕事をして、皆がこういった運動に関われるようにしたいと心から思うわ。


━━初めて直に治療を見るのはどうでしたか?

素晴らしかったわ。世界には本当に悲惨なことがたくさん存在していて、私も、そして誰もが嫌悪感を抱いている。途上国に西側諸国から多くの人々が1週間だけ訪れて、その後は“さようなら”みたいなのものなの。それでは長期的には大きな効果は得られないわ。

でもオペレーション・スマイルでは、すぐにその違いを見ることができる。手術は1時間も掛からないし、彼らには新しい未来が待っているの。

ザラ・ラーソンは、国際的な医療慈善団体であるオペレーション・スマイルを支援しています。この慈善団体の世界的なネットワークは、世界60カ国以上で口唇口蓋裂で生まれた人々の健康と生活の改善に貢献しています。詳しくは www.operationsmile.org.uk(英語版)をご覧ください。

INTERVIEW © Josie Copson
PHOTO © WENN.com
PHOTO © Michael Wright / WENN.com


END.
CATEGORYから記事を読む