@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
レーサー鹿島 Blog

前の記事
次の記事

アメリカメジャースポーツ今週も開催!

[2020.05.27]

NASCAR_020527_01 - コピー_0.jpg


3 月から延期されていた“アメリカ最大級の観客動員をほこる”NASCAR は、アメリカのメジャースポーツの先陣を切って5月17 日に再開。服部茂章さんが代表を務めるHattori Racing Enterprises (HRE) も、チームの地元Charlotte Motor Speedway で開催された5 月25 日のXfinity SERIESから参戦を再開、レースレポートが届きました。

下記、レースレポートからの抜粋です!
 ↓
「感染拡大をさける為に、公衆衛生当局、医療専門家、州および連邦当局との綿密な協力と指導に従って、大会は無観客で行われ、イベント中のマスクの着用、サーキットへの入場・退出時の健診断、ソーシャルディスタンスの確保、各施設へのアクセス人数の制限などを徹底して行われ、練習走行・予選は行わず、決勝レースのみを行うレースフォーマットとなり、決勝グリッドはシリーズランキングにより26番手からオースティンはスタートをきることとなった。」

決勝レースは13番手までポジションアップしながら、クラッシュした他車のパーツを踏んでタイヤがブローしてリタイヤと残念な結果のようですが、服部代表は下記のようなコメントを残しています。

「・・・レースの結果は非常に残念ですが、現在のアメリカ国内の経済状況を考えると他のメジャースポーツに先駆けてNASCARがレースを再開した事は非常に意義のある事だと思います。折しも一昨日のメモリアルデーの週末よりNYなどを除く多くの州でロックダウンが解除されました。レースの視聴率もかなり高かったようですのでNASCARの再開がいい相乗効果となり国民の意識もいい方向に向かって行けば嬉しいです。昨日のレースは無観客でのイベントにも関わらず、再開に向けたNASCARの要請に多大なる理解を頂きました。アイシングループを始めとするスポンサー企業の皆様には、大変感謝いたしております。感染者数では引き続き他国を圧倒しているアメリカですが、ロックダウン解除とレース再開が経済活動再開の牽引役となり、少しでも早く通常の状態に戻る事を願っております。」

NASCAR_20200526_02.jpg


写真提供:Hattori Racing Enterprises (HRE)

レーサー鹿島 BLOGGER PROFILE

  • レーサー鹿島
  • FMキーステーション他の局アナやプロデューサーを経て、ジャンルを超えたマルチプロデューサーとして活動し国内外を飛び回る。
    “誰もが知っている”有名企業やブランドの“表に出ない”プロデューサーとしては主に新規プロジェクト(new business development)を担当。
    幼少のころからクルマやレースに親しみ、大学在学中にレースデビュー。
    フォーミュラトヨタ、F3を経て、2001年からはロサンゼルスを拠点にINDYライツなどに参戦。
    タイトルのDOUBLE TIMERは、日本と世界、オンとオフ、右脳と左脳・・・ふたつのタイマーを有効的に使い分け人生を謳歌しよう!という 自身のライフスタイルのテーマから。
    ◆FMラジオ「Driver’s Meeting」(K-MIX&RADIKO:金曜日/FM山口:日曜日18:00~) ~1999年にスタート、各界の有名人やセレブをゲストにカーライフをトーク~
    ◆好きなセレブ:ダニエル・クレイグ、ブラッドリー・クーパー、ライアン・ゴズリング
    ◆愛車:FERRARI F355,LEXUS SC430,SUZUKI GSX1000S KATANA,YAMAHA YZF R6,HARLEY DAVIDSON 883R and more…
    ◆1968年12月16日生/RH+A/176cm