@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2019年9月8日-RuPaul’s DragCon NYC 2019(前編)

[2019.09.17]
ここ最近のNYの日中の気温は25度前後とだんだんと季節の移り変わりを感じます。

Kana2019.9.8.1.jpg

NY時間の9月8日。9月6日~8日までJacob K. Javits Centerで開催された、RuPaul’s DragCon NYC 2019に行ってまいりました。今回初めて訪れます。

RuPaul’s DragCon NYC 2019とは、ドラァグクイーン(Drag Queen)界のカリスマ、ル・ポール(RuPaul)は、もちろんのこと、ル・ポールが主催する、ドラァグクイーンのカリスマ性やユニークさや才能を競う勝ち抜きコンテストのリアリティ番組、『ル・ポールのドラァグ・レース(RuPaul's Drag Race)』に出演している人気のドラァグクイーンをはじめ、多くのドラァグクイーンが会場に登場するイベントで、会場内にはファンが集まり、人気ドラァグクイーンのグッズやファッションアイテムを販売するブースが並んでいます。

Kana2019.9.8.2.jpg

VIPチケットのお値段は$300ですが完売。勢いを感じます。
Jacob K. Javits Centerの会場内に入るまでのセキュリティが厳しく、プレスとしての入場する際に、写真の取り扱いについて注意事項にサインをしました。原則プレスとしてもフォトブース内のドラァグクイーンの撮影はNGです。
会場内の一部に設置された人気ドラァグクイーンとのフォトセッションブース。列が出来ています。$30を支払って一緒に写真を撮ることが出来ます。

Kana2019.9.8.3.jpg

会場内にはSNS映えするフォトブースも設置されています。

Kana2019.9.8.4.jpg

会場内には親御さんと一緒に多くの子供たちも来場しています。会場内には、キッズゾーンも設けられ、大人だけでなく子供たちも楽しめるドラァグクイーンのイベント! 素晴らしい!
人気番組の『ル・ポールのドラァグ・レース』。子供たちも列に並んで嬉しそうに人気ドラァグクイーンたちと写真撮影を楽しんでいました。

Kana2019.9.8.5.jpg

会場内にはメインステージがあり、DJイベントが開催されています。時間帯によっては一般の来場者がお立ち台で踊ったり、ドラァグクイーンたちがパフォーマンスしています。高く作られたDJブース・・・DJは・・・。

Kana2019.9.8.6.jpg
Photo Credit: Jennifer Graylock-Graylock.com for World of Wonder.


ドラァグクイーン界のセレブ! カリスマ! ル・ポール!

これは踊らずにはいられませんね!

後編へ続く・・・。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。