@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2019年6月23日-Summer Fancy Food Show(前編)

[2019.06.25]
NY時間の本日、6月24日。日差しが強く最高気温は29度と暑い1日でした。

Kana2019.6.23.1.1.jpg

NY時間の昨日、6月23日。6月23日〜25日までの3日間、Jacob Javits Centerで開催中のアメリカ最大級の食品・飲料品の専門の見本市、Summer Fancy Food Showへ行ってまいりました。(過去の関連ブログ記事はこちら)

Kana2019.6.23.1.2.jpg

広いJacob Javits Centerの全てのフロアを使って開催される、Summer Fancy Food Showは、200,000種類の製品、出展社2,600とスケールの大きな食の見本市で、夏はNYで、冬はサンフランシスコで開催されています。
ショーの完全性を保護するために小売業者、食品サービス、販売代理店、輸入業者、輸出業者などの業界関係者のみ入場でき、当日の入場料金は$95~。食のトレンドを知ることができ、自分自身で味わうことできる、専門食品業界の成長を促進することを目的とした見本市です。

PRESSの登録者数も多く、事前登録は終えていたものの、入場できるパスを受け取るまでにPRESSルームで30分くらい並びました。 会場内は多くの来場者で賑わう、PRESSにとっても飲食の業界人にとって人気の見本市です。

Kana2019.6.23.1.3.jpg

各出展ブースには多くの飲食製品が所狭しと陳列され、来場者の目を引きます。

Kana2019.6.23.1.4.jpg

チーズ、チョコレート、オリーブオイル、パスタ、ピザ、プロシュット等・・・全ての出展ブースで製品の試飲・試食が出来ます。私も気になる製品は試飲・試食させていただきました。

Kana2019.6.23.1.5.jpg

会場内は、イタリアをはじめ、フランス、ドイツ、スペイン、ブラジル、モロッコ、韓国、中国、日本など多くの国がその国の産業を盛り上げるために、国としてまとまり出展しています。
やはり食の都イタリア! 中でも一番大きな区画でブースを構えていたのはイタリア! ブースに集まる来場者数も一番でした。
日本のブースは昨年よりも出展ブースが減った印象で、お茶、和牛、カレーなどを製品を紹介していました。

Kana2019.6.23.1.6.jpg

イタリアのブースでピザ窯を発見。本気度、パフォーマンス性が素晴らしい!

Kana2019.6.23.1.7.jpg

ピザ窯で焼かれたシンプルなマルゲリータピザをいただきました。柔らかくしっとりと軽いピザ生地にさっぱりしたトマトソース・・・シンプルですが雑味がなくやはり美味しい!

Kana2019.6.23.1.8.jpg

シンプルなトマトペンネもイタリアブース内で試食用として作っていたので、ペンネを作るときの参考にと思い手順を拝見。これでもかっと言うくらいオリーブオイルを入れて丁寧に何度も何度も混ぜていました。

Kana2019.6.23.1.9.jpg

フランスから出展しているブースに立ち寄ると、こちらでも美味しそうなお菓子やプロシュットの試食が楽しめるのですが、切り分けるシェフの方のユニフォームが真っ白な一般的なシェフのユニフォームではなく、赤のスカーフにネイビーの帽子と、さすがフランスと思うオシャレで気の利いたユニフォームでした。

Kana2019.6.23.1.10.jpg

Summer Fancy Food Showでは、熟練したシェフ、レシピ開発者、食品作家、チーズ、オイル、チョコレートなどの特定のカテゴリの専門家である専門食品バイヤーなど専門知識、経験、資格に基づいて選出された審査員たちによって選ばれるアワードがあり、チーズ、オイル、チョコレート、パスタソース、温かい飲み物など様々なカテゴリに分かれて、ゴールド、シルバー、ブロンズと受賞飲食品が発表されます。
選ばれた飲食品は信頼性が高まりさらに注目を集めます。今回も過去にノミネートや受賞したトロフィーをブースに飾っているブースを多く目にしました。

Kana2019.6.23.1.11.jpg

広いJacob Javits Center内の一部では、2019年のSummer Fancy Food Showが主催する各カテゴリで受賞した全ての製品が一堂に会するスペースがあり、来場者が受賞製品をチェックすべく賑わっていました。広い会場なので一部で集まると見やすくて良いですよね。

後編へ続く・・・。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。