@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2019年2月17日-Toy Fair(後編)

[2019.02.20]
2019年2月17日-Toy Fair(前編)はこちら

kana.2019.2.17.6.jpg

女の子はキラキラが好きですよね。オシャレ大好きな娘のことを思い出しました。ぬいぐるみにアクセサリーを簡単に付けることができる、KDGroupの新製品、Shimmer Stars
星型のラメなどのアクセサリーを専用のスティックに入れてボタンを押すと簡単にぬいぐるみや髪に装着できます。取るのも簡単。4歳以上のお子さんが対象でアメリカ国内での販売価格は、$19.99(送料・税別)です。


kana.2019.2.17.7.jpg

あらゆる年齢層の人々が楽しめる創造的で魅力的な製品を開発するKangaroo ManufacturingPopohver
The Parents' Choice Gold AwardやOppenheim Toy Portfolio Gold Seal Award 2018など2018年のTOYの賞を多く受賞したこの製品は、NYの住宅事情にぴったりでeasy-on, easy-off。椅子に被せて簡単に遊べ、軽量で持ち運び可能なのでどこへでも持っていくことができます。100%天然素材で作られたセットは3つの引き出しが開き、棚にはアイテムを入れることができます。ストーブやカウンターなど種類もあります。PopOhVer Counter Top Setは、4歳以上のお子さんが対象でアメリカ国内での販売価格は、$39.95(送料・税別)です。


kana.2019.2.17.8.jpg

携帯やパソコンの操作に疲れたときや、時間をゆっくり過ごしたいときや、自分の時間を大事にしたいときなどにパズルはいかがでしょうか? eeBooのメッセージ性のある美しい図案のパズル。女性の顔とメッセージで埋め尽くされたパズルは女性を応援するパズルです。大人のパズル、Give Voice Bundleのアメリカ国内での販売価格は、$31.99 (送料・税別)です。恐竜や鳥がモチーフとなった刺繍が美しい子供用のバッグやビンゴゲームなども販売しています。


kana.2019.2.17.9.jpg

簡単に装着でき、スナップのデザインを好きなようにカスタマイズできるところが素敵! と目に飛び込んできました、ワイオミング州発の元教師の方が立ち上げた出来たばかりのブランド、Wrap -n- SnapsのPOPでキュートなブレスレット。私も欲しいと思いました。エモーションやアニマルやパターンなど種類豊富なスナップの中から自分が好きなものを選びブレスレットにパチッと装着させます。何度も取り外しができるので好きなパターンを付けてカスタマイズできます。教育的資金のサポートのため、売り上げの一部を子供たちの財団に寄付しています。バンドのカラーはピンク、イエロー、ブルー、レッドの4色。Emoji Faces Bracelet Systemのアメリカ国内での販売価格は、$9.99(送料・税別)です。


kana.2019.2.17.10.jpg

そして、最後は・・・フィギュアを販売するenescoのブースでアメリカの人気カートゥーンアーティストのミス・ミンディ(Miss Mindy)(写真左)によるサイン会が開催されていました。
カリフォルニアのイーグルロック(Eagle Rock)にスタジオを構え、大きな目で印象的な眼差しをおくる、個性的で独特な世界観を持つフィギュアを制作しています。ディズニーのバイナルメーション(Vinylmation)のデザインなども手掛けています。私も彼女がデザインしたMr. Fox by Miss Mindy(アメリカ国内での販売価格は、$25.00(送料・税別))のフィギュアとBOXにサインをしていただきました。嬉しい。日本の昔のアニメから影響を受けたミス・ミンディ。笑顔がキュートで気さくな素敵なアーティスト。日本の文化の話題で盛り上がりました。

おもちゃの世界は夢があっていいですね。子供はもちろん、大人にとっても遊ぶ時間は大切です。
ブースを見て回る際、おもちゃの説明を受けつつも一緒に遊び、笑ったりしていました。一人で遊ぶも良し、みんなで遊ぶも良し。楽しい時間、笑う時間を作ることの大切さを改めて認識しました。これがおもちゃ業界の原点ですよね!

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。