face book twitter
close
open




BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2017年9月16日-(capsule) NEW YORK Women's

[2017.09.19]

Kana2017.9.16.0.jpg

NY時間の9月16日。9月16日〜18日までの期間、Midtown WestエリアのPier 94で開催されました、(capsule) NEW YORK Women'sのSpring / Summer 2018に行ってまいりました。(過去の関連ブログ記事はこちら)

何度も訪れている(capsule) NEW YORK Women's。主催者側が出展ブランドを厳選することで、斬新でエッジの効いたブランドが多く集まり、世界の有名百貨店やセレクト・ショップのバイヤーが来場し、新鋭デザイナーの発掘やトレンドを発見する場として定評がある見本市です。

Kana2017.9.16.1.jpg

会場内に入るとすぐに鮮やかな黄色のカーペットの空間が広がります。清潔感溢れるホワイトのソファー、そして向日葵が生けてあり元気で明るい印象です。

Kana2017.9.16.1.1.jpg

コスメティック、バッグ、シューズ、アパレルなどカテゴリに分かれてブースが並んでいます。Spring / Summer のコレクションと言うこともあり、どのブースでもカラフルなアイテムを目にします。

デザイン性が高く上質なアイテムばかり。ブースに立ち寄り、スタッフの方々から拘りのアイテムについてお話をお伺いしました。
日本で購入出来るものと出来ないものがございますが、今回も個人的に素敵〜とテンションが上がった・・・プロダクトをご紹介したいと思います。ご参考までに・・・。

Kana2017.9.16.2.jpg

↑私たちを植物と地球につなぐ事をコンセプトにしている、コロラド州(Colorado)ボルダー(Boulder)発の高級オーガニック&ワイルドクラフトエッセンシャルオイル・ブランドのrootfoot。 精神を導き、癒し、インスピレーションを与え、栄養を与えるエッセンシャルオイルを販売しているのですが、中でも植物の持つ香りと動物のイメージを組み合わせ、植物と動物のエネルギーを意識して作られた"Spirit Animal”のコンセプトと美しいパッケージデザインが目を引きました。
Bison、Bear、Coyoteなどの様々な種類の動物があります。共鳴し、直感的に感じるものを選べば良いとの事です。“Snake”が好きな私・・・きっと“Snake”を選ぶ事でしょう・・・。“Snake”は、生命力と元気なエネルギーです。エッセンシャルオイル、Snake(10ml .33fl oz)のアメリカ国内の販売価格は、$28.00(税・送料別)。


Kana2017.9.16.3.jpg

↑こちらも美しいパッケージ・・・。そしてユニークなコンセプト。ヴィンテージのアートワークとデザインに魅了されていると言う奥様と、日本でもタトゥーを入れたことがあるタトゥーアーティストのご主人が一緒に手掛けているブランド、Spitfire Girl
種類豊富なキャンドルや香水を販売していますが、中でも古代エジプトの神々をイメージして香りをブレンドしたキャンドルに注目しました。神々・・・やはりスピリチュアル なアイテムが気になります。香り豊かなこのキャンドルを使うと神聖な気分が楽しめそうです。Potion Candle(1つ)のアメリカ国内の販売価格は、$40.00(税・送料別)。


Kana2017.9.16.4.jpg

↑経験豊富な切断技能でダイヤモンドの原石をレーザーで切断し、見事にオリジナリティ溢れるカスタムジュエリーへ仕上げる、BOUDOV。切断したダイヤモンドの原石は、一つ一つ異なった透明感でワイルドな印象ですが、加工したダイヤモンドを使って囲んだり、ゴールドを使う事でユニークさを残しつつもエレガントな印象の仕上がりに変わり、個性とエレガントが絶妙なバランスの素敵なデザインです。
全てLAのスタジオで制作され、ネックレスやリングは、重ね付けを楽しめる小粒なデザインからゴージャスなエンゲージリングと幅広いデザインが揃っています。 Micro Stackables: 小さなローズカットのダイヤモンド(0.07-0.09 ct)の14Kゴールドリングのアメリカ国内の販売価格は、$475.00(税・送料別)。


Kana2017.9.16.5.jpg

↑身に着けると元気になれそうなカラフルなデザインのジュエリー・・・。アンデス山脈の“Altiplano”に住む、洗練された染色技術や織物技術を持つAuthochtonous部族が貴重な繊維と天然染料を使って手作りした織物にスワロフスキークリスタルを組み合わせたブレスレットやバングルをなどのアクセサリーを販売しているチリ発のブランド、MARIA CRYSTAL。エスニックなイメージと都会的なイメージが組み合わさった個性的で上質なデザインに惹かれました。
クリスタルの色や織物のパターンや色の種類も豊富で、何重にでも重ね付けして楽しむ事が出来ます。現在失われつつあるAuthochtonous部族の織物の技を守る為の活動も行っているとの事です。


Kana2017.9.16.6.jpg

↑多くのブースを見て回っていた所・・・“JAPAN”なブースを発見しました。やはり“和”を目にすると心が和みます。“形は崩さずに、新しいスタイルにして守る”をモットーにしているSUMIRE ISHIOKAの斬新なツイード生地の“Kimono”や“Hakama”を彷彿とさせるワイドパンツ。ツイード着物は絹の着物とは違い、シワにならずお手入れが楽。気軽に着れて“JAPAN”気分を味わえるアイテムは、Brooklynのショップのバイヤーの方や中東のバイヤーの方が買い付けたりと・・・まさに“着物”の新しいスタイルをNYから発信しています。ツイードシリーズの他には、“Ukiyo-e”、“Sumou”、“Kabuki”のポーチも取り扱っています。もっと多くの人達に日本について興味を持って頂ければやはり日本人として嬉しいですよね。日本人として海外で日本人の頑張っている姿を見るとやはり応援したくなります。


Kana2017.9.16.7.jpg

↑古典的な北欧のシンプルさにパリのエレガンスさをミックスさせたような独特な世界観を確立し、シルクやアルパカなどの高級の素材を組み合わせる事によって機能面を重視する現代的なスカンジナビアのワードローブを実現しているノルウェーのアパレル・ブランド、Veronica B Vallenes。ノルウェーのデザイナー賞を受賞し、スカンジナビアのファッション誌から多く取り上げられている注目のブランドです。柔らかい線画のプリントやどこか自然でフェミニンなラインのワンピースは、2018年の春夏を盛り上げてくれそうです。


Kana2017.9.16.8.jpg

↑ショールームGARMENTOTYのブースでは、無料でエコバッグを配布し、そこにNYで活躍しているファッションイラストレーターの方がマーカーペンで似顔絵を描いてくれるという企画が行われていました。面白い企画ですよね。中には、スマートフォンのお子さんやペットの写真を見せて似顔絵を描いてもらう方々もいらっしゃいました。折角に機会なので私の似顔絵も・・・。似顔絵を描いて頂くなんていつぶりでしょうか・・・。

完成した似顔絵は・・・。

Kana2017.9.16.9.jpg

↑どうでしょうか?似ていますか?
ちょっと照れますが久しぶりの自分の似顔絵・・・嬉しいです。

(capsule)の見本市は、独特のアットホームで過ごしやすい空間で、その中にブランディングされたブースが並び、デザイン性が高く上質なアイテムを数多く目にする事が出来ます。デザイナーやブランドの拘りのアイテムは、やはり面白かったり素敵なアイテムばかり。夢があって楽しいですね。ブランドのスタッフの方々との会話も楽しく素敵な時間を過ごしました。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。