face book twitter
close
open




BLOG
AMRIKANA Journal

前の記事
次の記事

2016年6月26日-Summer Fancy Food Show

[2016.06.28]

kana2016.6.26.1.jpg

アメリカ最大級の食品・飲料品の専門の見本市、Summer Fancy Food Show。

kana2016.6.26.2.jpg

赤を基調とした日本のパビリオンの様子。

kana2016.6.26.3.jpg

ブースの規模も一番大きく、活気に溢れるイタリアのパビリオンの様子。

kana2016.6.26.4.jpg

個人的にマネしたいと思いました、フルーツやミントを漬け込んだ、見た目にも綺麗なスパークリング・ウォーター。

kana2016.6.26.5.jpg

英国ロイヤルファミリーの写真が使われた缶に入った紅茶は、イギリスの観光のお土産として人気があるとのことです。

kana2016.6.26.6.jpg

ウィリアム王子(ケンブリッジ公ウィリアム王子(Prince William, Duke of Cambridge))とキャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫人キャサリン(Catherine, Duchess of Cambridge))のツーショット・バージョンもありました。

kana2016.6.26.7.jpg

Hillary or Trump・・・旬な話題の製品・・・その名もPolitical Cafe!

kana2016.6.26.8.jpg

来場者が多く会場内は熱気で溢れていました。

NY時間の昨日、6月26日。6月26日〜28日までの3日間、Jacob Javits Centerで開催中のアメリカ最大級の食品・飲料品の専門の見本市、Summer Fancy Food Showへ行ってまいりました。

広いJacob Javits Centerの全てのフロアを使って開催される、Summer Fancy Food Showは、180,000種類の製品、 バイヤーの来場者数25,000人、出展社2,550とスケールの大きな見本市で、夏はNYで、冬はサンフランシスコで開催されています。

会場内には、至所にSummer Fancy Food Showの垂れ幕が下がっていたりと、テンションが上がります。訪れた日は、初日。日曜日とあって、来場者が多く賑わっています。

この見本市では、優れた製品に贈る賞やテーマ毎に分かれたセミナーなど、企画も盛りだくさんです。

出展社の中には、イタリアをはじめ、フランス、ドイツ、スペイン、ブラジル、モロッコ、韓国、中国、日本など多くの国がその国の産業を盛り上げるために国としてまとまり出展しています。

早速、日本のパビリオンへ。和牛、熟成させた味わい深いお醤油、お好み焼きソース、緑茶にお菓子など、私たち、日本人にとっては、お馴染みの食材が英語で紹介されています。今回の見本市では、お菓子と調味料を取り扱っているブースが多い印象を受けました。

日本のパビリオンの後は、ドイツやフランスやスペインやモロッコと様々な国のパビリオンを見て歩きます。出展社数が一番多く、広いスペースを確保しているイタリアのパビリオンには、多くのバイヤーが訪れている印象で活気に溢れていました。その国々自慢の食材を試食させていただきました。フランスのチョコレートのお菓子、イタリアのラビオリ・・・。やはり美味しかった。

国毎に分かれたパビリオンの他には、もちろん、世界中から企業が出展しています。チーズやチョコレートやオリーブ・オイルやお肉など、取り扱う製品の種類の多いこと。ほとんどの製品が試食できるので、見て回る間、満腹になってきます(笑)

会場内には、至所に無料のウォーター・サーバーが用意されているため、いつでも水分補給が出来ます。

ストロベリーやミントやライムなどを漬け込んだスパークリング・ウォーターを試飲できるブースがありました。見た目にも綺麗で夏のパーティーなどにピッタリだなと思いました。

イギリスと言えば紅茶。紅茶のメーカーの製品で英国ロイヤルファミリーの写真が使われた缶に入った紅茶を見つけました。限定で販売され、イギリスの観光のお土産として人気があるとのことです。日本でも大人気のキャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫人キャサリン(Catherine, Duchess of Cambridge))の缶に入った紅茶・・・。私も欲しい。

広い会場内、多くのブース、ずっと歩きっぱなしですが、出展ブースのスタッフの方に製品についてお話をお伺いしたり、試食を楽しんだりと、あっと言う間に時間が過ぎます。

New York(ニューヨーク州)をはじめ、Massachusetts(マサチューセッツ州)、Virginia(バージニア州)などアメリカの州に分かれてブースを出展しているところで、旬な話題の製品を発見しました。
Hillary(ヒラリー)はHot Chocolate、Trump(トランプ)は、Trumppuccino・・・その名もPolitical Cafe!
どちらを支持するのか、一目瞭然となる製品です。ユニークです。

材料に拘った良質な製品、食べ慣れたお馴染みの製品、ユニークな製品、オーガニックの製品など、様々な製品を試食、試飲させていただきました。出展する側の熱い思いや拘りを知ることが出来ました。

良質な材料や素材を使った製品が多く、世界中が"食の安全"を意識していることを感じます。人々の"食"に対する関心の高さをはっきりと認識しました。やはり"食"って大切ですね。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。