@okj_webmagazine face book twitter
close
open




BLOG
AMRIKANA Journal

前の記事
次の記事

BRONX ZOO

[2015.06.06]

kana2015.6.3.1.jpg

今回、初めて訪れました、ブロンクス動物園。

kana2015.6.3.2.jpg

107ヘクタールの広大な敷地面積を誇る、ブロンクス動物園。

kana2015.6.3.3.jpg

今回、時間が足りず残念ながら中に入れなかった、Zoo Center。他にも回れなかった特別展示があったので次回は是非回りたいと思います。

kana2015.6.3.4.jpg

水浴びを楽しむPink Flamingos。

kana2015.6.3.5.jpg

絶滅危惧種に指定されているAfrican Wild Dogも見ることが出来ます。African Wild Dogの説明看板がありました。

kana2015.6.3.6.jpg

Congo Gorilla Forestの入口の様子。

kana2015.6.3.7.jpg

Wolf's Monkey もCongo Gorilla Forestの中で見ることが出来ます。

kana2015.6.3.8.jpg

ガラス越しで伸び伸びとしているゴリラの様子が観察できます。

kana2015.6.3.9.jpg

少し見づらいかもしれませんが、お母さんゴリラが赤ちゃんゴリラを抱きしめています。お母さんゴリラの頭の近くの丸いものが赤ちゃんゴリラの頭です。

kana2015.6.3.10.jpg

今年の1月に3頭の赤ちゃんゴリラが誕生しました。お母さんゴリラたちの輪の中で遊ぶ元気に遊ぶ赤ちゃんゴリラ2頭。

kana2015.6.3.11.jpg

赤ちゃんゴリラ! 元気に遊ぶ姿に歓声が上がっていました。可愛い。

kana2015.6.3.12.jpg

Arthur Avenueのレストランでいただくピッザは本当に美味しい。マルゲリータにイタリアン・ソーセージを乗せたピッザ約$17。

先日、主人と一緒にBronx Zooに行ってまいりました。その日は暑くも肌寒くもなく丁度良いお天気。NYの住まいから歩いて行ける距離にBronx Zooはあるのですが、なかなか行くきっかけがなかったので今回初めてとなります。最後に動物園に行ったのは十年以上前の上野動物園・・・久しぶりの動物園です。Bronx Zooはとても評判が良いので楽しみです。

Bronx Zooの敷地面積(107ヘクタール)は、上野動物園(14ヘクタール)の約8倍とのことで世界最大の動物園の1つでもあります。
入園料は、13歳以上のAdult1人$33.95(園内の全ての特別展示やホストへ無制限に利用出来るTotal Experience Tickets。オンラインでの購入は$30.55)、または、入場料金のみの一般入場券、Adult1人$19.95(各特別展示やホストへはそれぞれ$5.00別途かかります)。開園時間は、平日は10am-5pm、週末・祝日は10am-5:30pm。

今回、私がBronx Zooに行ってみたいと提案したのですが、その理由は赤ちゃんゴリラ! 最近、友人と食事をした際に友人がBronx Zooで赤ちゃんゴリラが産まれたと話していたので、是非見てみたいと思っていたのです。

のんびりと私たちは、2pm頃に一般入場券を購入し入園。お散歩がてら、緑あふれる園内をのんびり歩きます。気持ちがいい〜。広大な敷地内には、ブロンクス川も流れ園内をお散歩するだけでも満足出来るくらい美しい光景が広がります。

目指す赤ちゃんゴリラまでの間にもピンク・フラミンゴやオットセイやキリンやライオンなど様々な動物が迎えてくれます。動物たちが檻に入っていると言うよりは、様々な動物たちが快適に過ごせるよう工夫された広大な敷地の中で生き生きと自由に出歩いています。自然な姿でとても開放的な印象を受けます。

Bronx Zooでは、ユキヒョウやアフリカン・ワイルド・ドッグなどの絶滅危惧種に指定されている動物が多くいます。絶滅危惧種の保存への取り組みが世界的に知られる動物園の1つです。
初めて見た、ユキヒョウやアフリカン・ワイルド・ドッグ。神秘的で美しい動物たちの姿に今後の生態系について深く考えさせられます。

鬱蒼と茂る木々、緑豊かな園内を歩いて、目的地のCongo Gorilla Forestへ。ゴリラ舎のCongo Gorilla Forestは、定番の人気のスポットですが、Gorilla Babies Debut とのことで、さらに人気があります。
$5.00を支払いCongo Gorilla Forestへ中へ。ワクワクします。

Congo Gorilla Forestの中には、ニシローランドゴリラの他にオカピや様々な種類のサルもいます。

ガラス越しにゴリラを観察。久しぶりのゴリラ。私は、何度かゴリラは動物園で見たことがあったのですが、主人は初めての経験で、ゴリラの様々な動きがまるで人間のしぐさを見ているかのようで感動していました。
伸び伸びとしているゴリラの様子に来園者の方々も惹きつけられていました。もちろん私も。

そして、ついに赤ちゃんゴリラ・・・。ガラスを隔てて目の前でお母さんゴリラがギュッと赤ちゃんゴリラを抱きしめて休んでいました。その微笑ましい光景にお母さんゴリラの大きな母性を感じ感動しました。

お母さんゴリラが赤ちゃんゴリラを抱きしめている所から別の場所で2頭の赤ちゃんゴリラが遊んでいました。そうなんです。1月に3頭の赤ちゃんゴリラが誕生していたのです。元気に遊ぶ赤ちゃんゴリラ。可愛い。お母さんゴリラも楽しそうに赤ちゃんゴリラの傍に寄り添っています。そのなんとも平和な光景にすごく癒され心打たれました。

他にもカルガモの赤ちゃん、フクロウの赤ちゃん、ペンギンの赤ちゃんなど、動物の赤ちゃんを沢山を見て・・・、やはり母性なのでしょうか、小さな赤ちゃん・・・すごく癒されました。

動物園を後に、ディナーはBronx Zooから歩いて行ける、お馴染みBronxのLittle Italy、Arthur Avenueでピッザと蛤のオーブン焼きをいただきました。美味しかった。

評判通りBronx Zooは素晴らしい動物園でした。お子様はもちろん、大人も童心に返ったように心躍り、楽しめます。

赤ちゃんゴリラを目の前に・・・。動物たちに美しくありのままの姿に感動すると同時に、暮らしの中で私が実践できる自然保護は些細なことかも知れませんが、自然保護にもっと関心をもち、生態系のことを考え、美しい自然や動物たちを後世に残す努力や工夫をもっとしなければいけないと考えさせられました。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。