@okj_webmagazine face book twitter
close
open

NEWS
NEWS

前の記事
次の記事

  ラッセル・クロウとダニエル・スペンサー破局の実情 (2012/11/1付Exclusive)

  2012.11.01

Russell CroweTop.jpg



ラッセル・クロウとダニエル・スペンサー破局の実情

 


Russell Crowe1.jpgラッセルとダニエルは

9年間の結婚生活に終止符を打つことに

 



将来妻となるダニエル・スペンサー(Danielle Spencer)とオーストラリアのTV映画のセットで初めて出逢った時、とても特別な人に巡り会えたと確信したという、ラッセル・クロウ(Russell Crowe)は、「初めて言葉を交わした時から、この人のことをもっといろいろ知りたいなと思ったんだ」と過去に語っている。

 

 

しかしながら、結婚10年目まであと6ヶ月を残しながら、2人は突然の破局を迎え、家族やファンを驚かせた。
「2人ともとても愛しているだけに、父親としてとても悲しいです。」とダニエルの父親であり、子供番組のパーソナリティでもあるドン・スペンサー(Don Spencer)は、コメントしている。
実は、2010年にダニエルは「私たちには、最高に良い日もあればあまり良くない日もあるの」と結婚生活があまり上手くいっていないことを匂わす発言をしている。

 

 

 

 

 

 

 

Russell Crowe2.jpg

2人にとってここ最近は、特に大変な日々だったようで、6月にダニエルが、USA・TV番組「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ(Dancing With The Stars)」のパートナー、ダミアン・ホワイトウッド(Damian Whitewood)とシドニーのホテル/カジノ“ザ・スター(The Star)”で親密そうにしているところを写真に撮られてしまい、その後様々な憶測を打ち消すのに奔走していたという。

 

 

 

Russell Crowe3.jpg写真が流出した数日後に、ラッセルとダニエルは、ロサンゼルス国際空港(LAX airport)で、珍しく人前で寄り添いキスしている姿を披露している。

 

 

L.A.で活動をしているダミアンは、現地時間の10月15日にツイッター(Twitter)で、「なんで! 突拍子もない悲しい噂だらけだよ、なんて1日なんだ!」とコメントをして、2人の関係を否定している。

 

 

2人の結婚を危機に追いやった理由についてダニエル曰く「完璧な結婚生活のためのレシピなんてどこにもないと思う。お互いに距離を置くことも必要だけど、こんなにも長くお互いから遠く離れて暮らしていると距離があり過ぎてしまうの」とのこと。

 

 

ラッセルは、過去5年間の間に立て続けに5つもの映画「原題:ザ・マン・ウィズ・ザ・アイアン・フィスツ(he Man With The Iron Fists)」、「レ・ミゼラブル(原題:Les Misérables)」、「原題:ブロークン・シティ(Broken City)」「原題:マン・オブ・スティール(Man of Steel)」、「原題:ノア(Noah)」の撮影をしているのだが、その間家族には殆ど会えていなかった。

 

 

 

Russell Crowe4.jpg オスカー(アカデミー賞(Academy Awards))受賞者である夫に世界中ついて回ることよりも、ダニエルは2人の息子達チャールズ(Charles)(8歳)とテニソン(Tennyson)(6歳)と共に、シドニーで安定した生活を送ることを常に優先してきた。「子供たちがごく普通の生活を送れるよういつも意識しているわ」と彼女は話す。

 

 

一方、「お互い、一緒にいれなければ、それはそれでなんとかなってしまうのさ」と語っていたラッセルは、自分が常に不在であることをさほど気にしていなかった様子であった。「お互いに、どうせ他にやらなくてはいけない事があるし、一緒にいれないのなら仕方ない! とすぐに割り切ってしまうのだ。」

 

 

ダニエルはお互いの頑固な性格も影響しているという。「2人とも全てのことや物に対して、いつも何かしら言う事があるの」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Russell Crowe5.jpg二児の母であるダニエルは、今はシドニーのローズ・ベイ(Rose Bay)にあるマンションに住んでいて、婚前に交わした婚姻契約書に基づいてUS$25Million(約20億円)の財産分与をクロウから受け取ることになっている。

 

 

2人の代理人はコメントを控えているが、どうやら夫婦にとっては円満離婚のようである。ダニエルは結婚に対して「1人の人を愛するあまり、自分が人生に求めるもの全てを相手に求めないよう気をつけないといけないわ」と現実的に考える一方で、ラッセルは「彼女は一緒に居るには最高の相手であり、私の大親友でもある」と妻を常に称賛していた。









CATEGORYから記事を読む